私のプログラミング遍歴 その1

最終更新日

前章がまだ終わらない…。

前回に引き続き、プログラミング遍歴です。

書いた後に気づきました。内容的にはまだ「その0」かもしれません。

Web にだんだん慣れてきて…

Word から少しずつ離れていき、Microsoft FrontPage を使って HTML・CSS・JavaScript に慣れてきて(でも cron (言語じゃないけど)とかわからなかった)いました。

また、Web ページにアクセスする端末を識別して各端末向けのページにリダイレクトする、なんてことをやって楽しんでいました。今で言うレスポンシブデザインとかは知る由もない…。「.htaccess ってすげー!」って。「ガラケー、ニンテンドーDS、Wii を判別できるのすげー!」

時期的には iOS 4 がリリースされ、iBooks(今の Apple Books)が自分の持っていた iPod touch(第3世代)にも登場したことで、電子書籍にも興味が湧き始めました。当時は日本語の本なんて iBooks Store に無いので、自炊するしかなく…。自炊と言っても著作権の切れた本をインターネットから持ってきて…とかだったと思います。本の内容よりも自分が作った電子書籍ファイルが iBooks に取り込まれて開ける、ということに感動していました。ePub を Sigil でポチポチ作っていたような記憶があります。

そうしていくうちにだんだんと

スマートフォン向けのアプリ、作ってみたいなぁ…。

と、思うようになってきました。でも当時使っていた PC は Windows の XP と Vista。持っていた端末は iPhone OS 3.1 からの付き合いの iPod touch(第3世代)。どうやら iOS のアプリを作るには Macintosh というコンピュータが必要で、さらに Apple にお金を払って開発者登録をしなきゃいけないらしい…。

そこで、フレームワークである iUI を使って Web アプリを作り始めました。

ちなみに今『iUI』と Google で検索すると、『人工授精』や『不妊治療』のほうが先に出てきます。でも当時はフレームワークのほうがランクが上でした。

「Web アプリを作り始めた」と言ってもゲームとかではなくツール系です。ニュースが読めたりスケジュールを表示したり…。ここで『スマホ向け表示』についての所見が少しずつ得られたのでした…。

そして、今でも使っている WordPress を使えば、レイアウトとかはテーマに任せて Web サイトが立ち上げられるということを聞きつけることに…。ここですこーしだけ PHP に触れてなんでこんなに ? を書くんだろう?とか思っていました。

時は流れて あいつがやってくる

photography of a turned on macbook
Photo by TheUknownPhotographer on Pexels.com

2011年12月、お家に中古の MacBook Air がやってきました。自分史上初 Mac です。OS は懐かしき Mac OS X v10.6 Snow Leopard。と言っても、すぐに Mac OS X Lion にアップデートしてしまいましたが。この頃は OS のアップデートは有料だったなぁ…。

  • スマートフォン向けのアプリを作ってみたい
  • 自分が持っている端末は iOS の iPod touch
  • iOS 開発には Mac が必要

………必要だった条件が満たされました…。

本格的なプログラミングが自分のなかで動き始めることになります…。

つづく…。

Nat. Institute of Tech., Hachinohe College → Muroran Institute of Tech. Student Apple Teacher Swift Playgrounds認定

シェアする